じょんじょがゆく

Ring-tail cat JonJo’s bizarre adventure

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

猫の便秘体質を変える! 

【備忘memo◇おしっこがでなくなったら◇】 
  ドライフードはストップ。
  缶フードオンリーにする(ただしそのままではなく、お湯やだし汁を加える)。
  できるだけ水分をとらせる。
  自分で飲まないようなら荒療治(注射器で少量の水を口に流し込む)。


先週はじょんじょの病院騒動でどっと疲れました。でも投薬(プラソジン5日分)も終わり、おかげさまでおしっこのほうはすっかりよくなりました。



水が混ざったフードが嫌で食べなくて痩せたじょんじょ
かわいそうにお腹がぺったんこです

ほ、本当に痩せてますってば!!!
(2日でデブにもどりましたけど)



さて、じょんじょ、一難去ってまた一難。現在は便秘薬を飲まされております。

レントゲンに写っていた大腸に滞る膨大なうんち(首飾りみたいにずらーっとつながった硬そうなやつら・・・)。おしっこよりこちらのほうが問題だろうと、Dr.オンドンコがプラソジンとは別に便秘の薬もだしてくれたのです。

ええ、私も気がついていました、じょんじょの排便が3-4日に1度しかないことを。でも身近にいる人(本人便秘症)が「回数は体質でそれぞれ違うから、定期的に出ているなら気にしなくて大丈夫」って・・・。ドクターが心配するくらいだから大丈夫じゃなかったみたいです(笑)。まあ、気がつくことができて結果オーライでしたけど。

それにしても薬の効果はすごいです。一週間で3回しました。しかも毎回びっくりするくらいに長くて立派・・・。思わず私まですっきりです(笑)。あの量がずーっとお腹の中に居座っているとしたら、どう考えても気持ち悪いです。

先代猫のトキも最後の半年くらいシビアな便秘に苦しみました、なので便秘の怖さはよくわかります。若いうちから便秘なんてとんでもないことです。薬に頼らないで済むようにこの機会にじょんじょの体質改善に乗り出すべきですね。食事やサプリメントなどオンライン上にはいろいろな情報がありますから、これから試行錯誤を重ねて行きたいと思います。効果があったものはここで報告させていただきますね。



とりあえず間違いなく効果があったもの
「ラクツロースシロップ」 1ccを1日2回

甘くて美味しいらしいですよ


スポンサーサイト

カテゴリ: 特徴

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

tag:   おしっこ出ない  便秘 

[edit]

Posted on 2012/03/04 Sun. 22:42    TB: --    CM: --

フィデリティのグリーンライン 

独立系資産運用会社のFidelityのコマーシャル、、、「グリーンライン」のシリーズ・・・ご存知ですか。


こんな感じのCMです(日本と同じかな?)




若いうちから積み立てして




運用しながら資産を増やせば




老後は安泰

「Stay on the green line!! (道をふみはずさないよーに!)」
。。。みたいなやつです。




なぜいきなりこんなことを言い出したかと申しますと・・・うちにもあるんです。あ、資産は全然ないですよ。




あるのはこれっ!!

じょんじょ「おばちゃんの老後が心配過ぎます!!」




カテゴリ: 意味不明なことを口走る

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

tag: Fidelity 

[edit]

Posted on 2012/03/07 Wed. 23:26    TB: --    CM: --

タイムズスクエアの猫 

キンと冷たい空気の強風の昨日、私は朝から歯医者さんに行ってきたのよ。この歯医者さん、オフィスがセントパトリックカセドラルの真横に位置しています。





治療中、窓の外の風景が歴史ある建物の屋根なわけです。なんという贅沢。





地上から見えないところにこれほど詳細な装飾が施されているなんて想像できませんよね。明らかに人に見せる目的ではないわけで、装飾と厄除けを兼ねた役瓦みたいなものなのでしょうね。<--たぶん違う


さて歯医者の帰り道、なんとタイムズスクエアで猫を目撃しました。


すごい人なつこい猫です!!



今までエルモとかミッキーは頻繁に見かけていました。でもこの子に会ったのはこの日が初めて。かわいかったですよー。


ご覧ください、この人気!

後ろでお茶をひいているミッキーが涙をさそいます(笑)



-- 続きを読む --

カテゴリ: .じょんじょ以外

テーマ:  - ジャンル: ペット

tag: タイムズスクエア  セントパトリックカセドラル  石川遼  長靴を履いた猫 

[edit]

Posted on 2012/03/11 Sun. 22:45    TB: --    CM: --

【考察】 虹の橋にすがる人の特徴 

古い読者の方はおぼえていらっしゃるでしょうか・・・バンクーバーの*yoko*さんちのごまちゃんを・・・。水曜日に事故で亡くなったそうです。

突然の悲報にふさぎこみ週の半ばから喪に服す意味もこめて引き篭もっていました(引き篭もりはいつものことだけどね☆)。ひとりでぼんやり猫の一生について思いを巡らせたりしています(廃人です☆)。

ペットの死といえば虹の橋。一体、世界中でどれほどの人々が、この詩に元気をもらったことか。実は私も信者のひとりで、これを読むといつも涙が止まらなくて困ったことになります(先程もうっかり読んでしまって泣きました・・・)。


『虹の橋』は、作者不詳の散文詩の主題として取り上げられているので有名である。作品は、1980年から1992年のあいだに造られたと考えられるが、正確な詩作の時期はなお不明である。この詩あるいは文章は、ペットを失った動物愛好家のあいだで広く知られるようになり、最初はアメリカで流布していたが、世界中に広がり、日本でもこの詩の原文や翻訳、またそのヴァリエーションが広がっている。詩は、亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っていると、うたっている。そして彼らの飼い主がまた世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くと信じられている。【ウィキペディア】



天国の ほんの少し手前に
虹の橋と呼ばれるところがあります
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は
死ぬとそこへ行くのです

そこには草地や丘があり
彼らはみんなで走り回って遊ぶのです
食べ物も水もたっぷりあって
お日さまはふりそそぎ
みんな暖かくて幸せなのです
病気だった子も年老いていた子も
みんな元気を取り戻し
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も
元のからだを取り戻すのです

まるで過ぎた日の夢のように
みんな幸せで満ち足りているけれど
ひとつだけ不満があるのです
それは自分にとっての特別な誰かを
残してきてしまった誰かが
ここにいない寂しさです

動物たちはみんな一緒に走り回って遊んでいます
でもある日
その中の1匹が突然立ち止まり遠くを見つめます
その瞳はきらきら輝き
からだは喜びに震えはじめます
突然その子はみんなから離れ
緑の草の上を走りはじめます
速く それは速く 飛ぶように
あなたを見つけたのです

あなたとあなたの友は
再会の喜びに固く抱きあいます
そしてもう二度と離れたりはしないのです
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します

そしてあなたは
信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を
それからあなたたちは
一緒に虹の橋を渡っていくのです
【虹の橋 http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html】


この詩を最初に知ったのは2005年。トキの死に打ちひしがれる私に、知人が紹介してくれました。読みながら号泣しました。病気だったトキが今は元気で走り回っていると想像するだけで救われた気持ちになりました。翌年2006年ラオウが逝った時もこの詩が私を支えてくれました。去年のぽんたとの別れも・・・まあとにかく私は年季が入った熱い虹の橋の信者なわけです。

ところがこのたび脱力して猫のことばかり考えていたら、この詩に素朴な疑問を感じるようになったのです。

「ごまちゃんみたいに家族全員から寵愛を受けていた子は、誰と虹の橋を渡ったらいいの!?早いもの勝ち?」

「子供のいない夫婦に溺愛されていた犬が死んだ後、夫婦が離婚して他人同士になったら、犬の親権はどうなる!?」

「猫村さんが亡くなったとしたら、若い坊ちゃんが天国に行くまでに50年以上かかりますが、そんなに待たせるの?もっとはやく成仏させてあげて!!(涙)」

「そもそも天国って何?キリスト教?教徒限定?洗礼を受けていない人は恩恵にあずかれないの?ということは日本人はほとんどアウトですか!?」

「輪廻転生は??『この子猫は死んだ○○ちゃんの生まれ変わり・・・』みたいな話がよくあるけど、愛されたペットは虹の橋で飼い主を待っているはず?つじつまが・・・」

「虹の橋では動物の体は元の健康な状態に戻るらしいけど(who were maimed made whole again)、そうなると去勢&避妊手術もご破算になるのよね。・・・人口増加問題とか大丈夫なのかな?」

うおーー、素朴な疑問が走り出したら止まりません。虹の橋の理不尽なお涙頂戴の世界、つっこみどころが満載です。敷居がぐっと下がった気がしてうれしいです。虹の橋って神聖というより気軽で親しみやすい・・・そう、まさにサンタクロースみたいな存在と考えてよさそうです。

■サンタクロースも結構無理な設定が多いですよね、でもサンタクロースだからなんでもアリなのです、それが世界の常識なのです。というわけで虹の橋に対しても野暮は言わないのがお約束!しかも自分に都合の良いように解釈しても誰も文句言いません!

■サンタクロースはみんなに親しまれています、国籍や宗教の差別なく誰にでもプレゼントをくれます、夢と希望と元気を与えてくれます、まさに虹の橋のコンセプトと一致しています!

■大人がサンタクロースを信じていたら笑われてしまうけど、大人が虹の橋を信じても笑われません(少なくとも本人の前で笑う人はいません。ああよかった)!

さて、そんな虹の橋、一体どんな人たちが市場を支えているのでしょうか。Wikiには「ペットを失ったanimal lovers」と書いてありますね。しかし私はanimal loversの中でも特に「動物依存体質の人達」の利用頻度が高いのではないかと考えます。

■閉じこもりがちな(心を許せる家族や友達がいない)人は、動物を愛することで孤独や甘えを解消しようとする(動物に依存する)傾向があると思います。
 ↓
動物に依存している人は、心を許せる家族や友達がいないので、ペットロスになりやすいと思います(悲しみや思い出を人と分かち合えない=気分転換やストレスの発散が難しい)。

■依存と逃避は背中合わせです。依存体質の人が虹の橋という空想の世界に逃避するのは自然の成り行きなのかもしれません。

■本人が言っていることなのでたぶん間違いありません。

しかしペットの死は、何度経験しても慣れることはないですね。毎回とまどってうろたえて泣き狂っている自分、せめて次回じょんじょの時はもう少し上手に対処できるようになりたいです。未熟な自分を変えたいです。

そこで・・・。ごまちゃんが亡くなった日に*yoko*さんからいただいた言葉が素晴らしくて感動的なので、いつでも見られるように勝手ながらここに紹介させていただくことにしました。


「今、ごまを失くした悲しみよりもごまからもらったものの大きさへの感謝の気持ちに包まれてそれも私を混乱させています」


惨い現実をありのままに見つめて静かに受け入れながらもごまちゃんへの愛の志があふれていて、読む人の胸を打ち血涙を誘います。ごまちゃんは英雄豪傑でしたがこの猫にしてこの飼主在りです。

*yoko*さんの言葉、私の宝物にさせていただきました。猫依存症患者の自分だけど*yoko*さんの領域に少しでも近づけるよう精進してゆく所存です。


o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:. ・*:..。o○☆*

ごまちゃんに栄光あれ

o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:. ・*:..。o○☆*


カテゴリ: 意味不明なことを口走る

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

tag: 虹の橋    ペット依存 

[edit]

Posted on 2012/03/18 Sun. 18:08    TB: --    CM: --

ハイタイ!チャーガンジューヤミセーミー? 

とってもうれしい出来事がありました。スペインのユウくんに続き、ひとりぼっちのじょんじょに、異国のお友達ができたのです。沖縄にお住まいのみーしゃぶーさんの猫ちゃん、ミーシャちゃんですよ。ありえないことに今度は若い女の子ですよ!!



女王様目線!?

クールなまなざしが美し過ぎます!!



みーしゃぶーさんは去年の6月までシカゴにお住まいだったそうです、そして私がじょんじょとぽんぽをアダプトしたのと同時期にミーシャちゃんをアダプトされたそうです。


4年前(その当時?)の写真です

お耳が大きくてかわいいーー!!



それにしてもシカゴから沖縄への引越し・・・長旅と環境の変化で辛かったでしょうね。ミーシャちゃんよく堪えてがんばったよね、偉かったね。

そしてそれ以上に私はみーしゃぶーさんに賛辞を贈りたいです。長年ここに住んでいる自分は嫌というほど見てきました、留学中や駐在中に飼ったペットを本帰国時に連れて帰らない人達を。いえ、私はそういう人達を批判したいのではなく、煩雑な手続を踏んで高い費用を払ってペットと一緒に帰国した人達は偉い!って言いたいのです。そうしない人を多く見たからこそ、素晴らしさがわかるのです、無条件で尊敬できるのです。


昨年のミーシャちゃん

肉球ミックスです!アポロチョコみたいです!



スレンダーでアスレチックで小顔・・・アイドルみたいなミーシャちゃんのおかげで本日のブログが垢抜けました(笑)。みーしゃぶーさん、かわいいミーシャちゃんの写真、ありがとうございました。ミーシャちゃん、同じ猫とは思えないくらいあなたと正反対のじょんじょだけど、これからも仲良くしてあげてくださいね。よろしくお願いします♪



【おまけ】


じょんじょ!!鼻血鼻血ーー!!


カテゴリ: よその猫ちゃん

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

tag: 沖縄  シカゴ  ペット  引越し 

[edit]

Posted on 2012/03/22 Thu. 00:14    TB: --    CM: --

うりふたつ!? 

じょんじょブログの諜報員(コードネーム白い恋人)さんが、じょんじょにプレゼントをくださいました。


じゃーーーん!!!

きっ、北尽くし!?




そしてなんと

じょんじょのキャラクター商品!?




携帯ストラップだーー♪

じょんじょ 「でもおばちゃん携帯持ってないでしょー?」



失礼な。携帯くらい持ってるよ。使わないからどこかに仕舞ってあるんだよ。でもこのストラップをつけたら肌身離さず持ち歩くようになると思います!いつもじょんじょと一緒みたいですごくうれしいーー!!

実はこの他にもかわいいものをいただいたのです。しかし「一度にブログに載せないで小出しにしたらいいんじゃないの(=ネタが枯渇して困っているんでしょう?)」というサジェスチョンをいただきまして・・・。大きなお世話だよ!!と言いたい所ですが、おっしゃる通りでございます・・・(汗)。

というわけで、姑息なようですが北のギフト第2弾は次回またご紹介させていただきます。どうぞお楽しみに。。。

カテゴリ: 意味不明なことを口走る

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

[edit]

Posted on 2012/03/25 Sun. 22:01    TB: --    CM: --

ニャン太のほねっこで熱くなれ!! 

前回の続きです。ギフトをいただいて大いに盛り上がる猫おばちゃんと猫の様子をご覧ください。


「あい らぶ きゃっと はっぴー!

私のために製造されたとしか思えません




そんなバッチがついた赤いC@T BRANDトートです

次の高級レストランでのデートは、このバッグでキメるわよ!




Hokkaido LAVENDER ピアス

ホワイトゴールドにアメジスト




よく見たら・・・猫でした!!

老眼あべし!!



もうー、なんておしゃれでナウでヤングなセンスなのかしら!?しかも猫おばちゃんのツボをおさえまくりです!!でもこれだけじゃないんです、なんとじょんじょにまでこんないいものを・・・。


ニャン太のほねっこ

もっとおいしくカルシウム補給(しかもマタタビ入り)




じょんじょ、これで強い男になれるよ

さあ、たんとおあがりなさい






ごろん!!






うっふーーん!!






ごろりんごろりん♪


ひゃー、じょんじょ、一体どうしたのーーー!?は、まさか・・・マタタビに反応しているの??

じょんじょはこの後もよだれをたらしながらしばらくクネクネナヨナヨしていました。おやつに入っているマタタビだけでこんなにフィーバーできるなんて、本当に安い猫です(笑)。

というわけで、白い恋人さん、たくさんの素晴らしいお土産どうもありがとうございました。私もじょんじょも大感激&大興奮でした。心よりお礼申し上げます&来年度も沢山貴方に良いことがありますように。

カテゴリ: 意味不明なことを口走る

テーマ: 猫のいる生活 - ジャンル: ペット

[edit]

Posted on 2012/03/28 Wed. 22:59    TB: --    CM: --

プロフィール

最新記事

ブログランキング

にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

メッセージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。